Skip to main content

官公庁

官公庁

行政特有のデータ課題を克服

官公庁では、民間企業と同じようにさまざまなデータの課題に直面しますが、さらに面倒なこともあります。官公庁の方が、往々にして厳しく規制され徹底的に調べ上げられます。

官公庁での重要なデータ問題の中核は、情報を調査する必要性です。

データの量と複雑さが増加し続けるにつれて、そのデータの内容を理解するためのよりスマートで効率のよい方法が求められています。

世界中の官公庁がNuixソフトウェアを使用して、犯罪や詐欺の調査と防止、法的および規制上の訴訟の実施、重大なシステムやデータに対する攻撃や悪用からの保護を行っています。

世界をリードするeDiscoveryのデータ処理、レビュー、分析、予測コーディング技術が統合され、eディスカバリー、規制調査、情報公開請求でのプロセスの改善に役立っています。

eディスカバリーのプロセスを管理

eディスカバリー手続きをエンド・トゥ・エンドで管理して、データとワークフローを完全に管理、弁護士費用の削減、作業時間の短縮、そして重要な法的事項での意思決定の改善を実現します。

情報公開請求に対応

情報公開請求に対して、データを収集、処理、レビュー、墨消し、そして文書作成を正確に繰り返し実行、プロセスの各段階での案件の状況について報告します。

官公庁の要件を満たす構築オプション

Nuixの柔軟な構築オプションは、あらゆる官公庁のニーズを満たすように対応可能です。

オンプレミスやクラウドで実行することも、NuixやNuixのホスティングパートナーのサービスとして利用することもできます。

 

Nuixは、すべてのエビデンスソースを一つのプラットフォームに集約し、人、モノ、場所、イベント間の繋がりを解明して、調査担当者が現在と過去の案件から深い洞察を得られるようにします。

調査の所要時間を短縮

データをすばやく選別し、過去と現在の調査結果やリアルタイムでのイベントや行動を同時に比較します。その結果、繋がったデータに隠された洞察や関係性を解明する時間が大幅に短縮します。

少ないリソースを最大限に活用

拡張性のある効率的なワークフローで、Nuixの業界をリードする機能とサードパーティのソフトウェアを統合します。

専門の分析者やレビュー担当者にエビデンスを割り振った後、すべてを一つにまとめ、分析、相互参照、報告書作成を行います。

効果的な共同作業

ケースの調査担当者やフォレンジック技術者がデジタルエビデンスの分析、レビュー、共同作業を行えるようにします。

専門の分析者、レビュー担当者にエビデンスを割り振って、他の関係機関ともインテリジェンスを共有します。

 

Nuixは、情報の透明性を確保しながら、情報に基づく脅威や機会を明確にし、優先順位を付けられるようにします。

個人情報や知的財産の紛失または漏洩を含む規制上のリスク要因を最小化し、情報を戦略的に活用してビジネス価値を最大化します。

リスクの軽減

不正コピーや安全性に欠くコピーを見つけ削除することにより、サイバーセキュリティの侵害、内部者の権限濫用、不注意による損失から一般市民のデータ、知的財産、国家機密を保護します。

証拠開示と調査のコストを削減

同じデータを繰り返し処理したりレビューしたりすることなく、関連するデータソースをすべて確実に収集して、証拠開示や調査を実施します。

対応時間を短縮

証拠開示要求、内部調査、サイバーセキュリティでのインシデントレスポンス、個人情報の開示要求、他の規制当局からの問い合わせ、そしてコンプライアンスへの取り組みなどに迅速かつ包括的に対応します。

政府機関や官公庁が保有している情報ほど保護対象とみなされているものはありません。

当社のエンドポイントセキュリティソリューションは、全社規模のトリアージ、フォレンジック収集、リアルタイムの調査をシームレスに推進します。そのため、データセキュリティに対する国民、作業担当者、そして管理者の期待に応えることができます。

 

発生と同時にインシデントに対応

内部または外部からの脅威に起因する好ましくないインシデントをリアルタイムで予測して対応することで、対応時間を大幅に短縮し、組織全体への影響を軽減し、ビジネスの継続性を維持します。

重要なデータを漏洩から保護

インシデントに対する予測や対応を機敏に行い、何が正常で何が異常かを把握し、おとり戦術を活用して、攻撃対象領域を縮小し最も重要な資産を守ります。

重要な人材と既存のセキュリティ投資を最適化

プロセスを自動化し、適切な情報をチームが瞬時に見られるようにし、迅速な対応を可能にすることで、セキュリティチームをより戦略的な取り組みに集中させることができます。