知的財産の窃盗

知的財産の窃盗防止

知的財産が生命線なら、それを守る鎧が要りませんか?

どんな組織であっても、知的財産はその組織を組織たらしめているものです。そしてそれは、ライバル会社、サイバー犯罪者、内部脅威、不満を抱えた従業員、さらには非友好国から、かつてないほど脅かされています。Nuixは、知的財産を守るお手伝いをします。

課題

つながりあっている現代社会では、かけがえのない知的財産が、ほとんど、あるいはまるごと、いとも簡単に社外に流出してしまいます。知的財産をリポジトリで管理している組織でも、業務のためにその情報にアクセスする必要のあるスタッフが、メールやファイル共有、個人用のコンピューターなど、無許可で保護されていない場所にコピーを作る場合があります。このアクセスによって、知的財産は窃盗やデータ侵害に対して脆弱になります。

インターネット接続のプラグを抜いてスタッフ全員をオフィスに閉じ込める以外に、組織がこつこつと懸命に築き上げてきた知的財産を守る手立てはあるのでしょうか? 

ソリューション

知的財産保護のための第1歩は、それがどんなものでどこに保管されているかを把握することです。Nuixのプラットフォームを使用すれば、組織は以下のことが可能になります。

  • 組織が持っている知的財産はどういうもので、どこに保管されているのかを明らかにして、知的財産に近づくことができる人を管理します。
  • 機械学習とビヘイビア分析を適用して、知的財産の窃盗を強く匂わせる特定情報への異常な印刷、コピー、メール送信を突き止めます。
  • 重要な知的財産を使って業務を行っているスタッフや、知的財産を盗んだ疑いが非常に高いと特定されたスタッフ(例えば最近、特殊な状況で退職した、など)の、過去とリアルタイムの活動を綿密に調査できます。

お客様の会社のメリット

Nuixは、お客様の知的財産を守り、深刻な損失を招く前に疑いのある行動を見抜くお手伝いをします。Nuixをご利用いただけば、以下のことができます。

  • 知的財産がどこで保管されているか(どこにはないのか)を把握し、窃盗やデータ侵害のリスクを最小限に抑えます。
  • 知的財産の損失の危険性が最も高いスタッフ、事業単位、コンピューターシステムに重点を置いてセキュリティに取り組めます。
  • 知的財産に関するこれらの情報を利用して、法的証拠開示や、規制機関からの要請、その他情報検索の責務に対する手続きを簡略化します。