法執行調査

法執行調査

バックログをどうやって切り抜けますか? 

法執行機関は、最悪の状況に直面しています。大量の複雑な電子証拠が増加の一途をたどり、調査ケースのバックログが増加、それと同時に減少する予算、少なくなっていくリソース、素早く答えを見つけなければならないというプレッシャーがこれまでにないほど高まっています。Nuixはその膠着状態を打ち破ります。

課題

ビッグデータはデジタル調査の難局です。ケースごとの電子証拠の情報源の数や分量、複雑さは絶えず増していきます。それにもかかわらず、法執行機関は、単一のハードドライブのビットやバイトが最重要情報源だった過ぎ去りし時代に考案された、デジタルフォレンジックワークフローやプロセスやツールをいまだに使っています。

これらのツールには、複数の証拠の情報源を一度に調べ、重要な情報を引き出し、複数の情報源全体にそれを当てはめるメカニズムが欠けているため、調査員が自分でやらなければならないのです。

その結果、多くの機関は、数カ月から数年分の電子証拠のバックログを抱えています。それと同時に、現場の職員たちは、わかっている嫌疑者によるさらなる犯罪を防げないのではないか、犠牲になりそうな人を見つけ出せないのではないか、と気をもんでいます。裁判になるまでにあまりにも時間がかかるからです。極端な場合、まさに生きるか死ぬかの問題です。

ソリューション

Nuixは、モバイルデバイス、コンピューター、Eメールその他さまざまなデータソースからの異なるデータを一度に収集し、処理し、検索し、検証することができる単一のプラットフォームを提供します。Nuixを利用すれば、以下のことが可能になります。

  • 時代遅れのフォレンジックツールよりもはるかに高速に賢くデータを処理できるだけでなく、緊急時や例外的に大規模な要望に合わせて、使用を拡大する能力も備えています。
  • 自動的に重要な情報を抽出して、調査ケースだけでなく別の過去や現在のケースについても電子証拠を分析して、重要な事実を迅速に見つけ出します。
  • フォレンジック技術者、現場の職員、調査官、専門家が調査を共同で行えるようにして、ふさわしい人がたとえどこにいようと、ふさわしいデータを使えるようにします。

お客様の機関のメリット

Nuixは、競合するどんな技術よりも、多くのデータソースから引き出した高い見識を提供します。それによってお客様は以下のことができるようになります。

  • 迅速に結果を出して、調査ケースのバックログを減らし、あるいはなくし、日常的な事柄を過度に遅らせることなく、緊急のケースを解決する能力を保有できます。
  • 組織の縦割り構造を崩し、最も必要とされるリソースを動員して効率を高められます。
  • 長期にわたり利益を出し経済的に安定している会社より、現在および将来にわたり必要となる要件を満たすよう設計された技術を獲得することで、その投資が将来においても有効になります。