脅威ハンティング

脅威ハンティング

侵害されましたか?どうやってそれを知りますか?

組織がデータ侵害に気づくのに数か月かかることはよくあります。Nuixの脅威ハンティングは、ネットワーク内に存在する既知のサイバー攻撃の痕跡を突き止めます。こういった情報漏洩の指標によって、既存の侵害を見つけ出し、将来にそういった侵害を見つけるための能力を向上させます。

課題

平均すると、組織がデータ侵害に遭ったことに気づくまで数百日かかっています。ところが、ほとんどのシステムでは、数時間のうちに侵害されます。そのため、悪意のある行為者が、非常に貴重でリスクの高いデータを見つけてアクセスし、盗み出すには十分すぎる時間があります。 

誰かが組織のシステムに不正アクセスしたと疑われるとき、何ができるでしょうか?組織の管理が妨害されていたら、いったい気づけるのでしょうか?不審な活動を見抜き、それを攻撃と関連付けるスキルや時間、リソース、技術が組織にはありますか?

ソリューション

パートナーのグローバルネットワークを通じて提供されるNuixの脅威ハンティングは、ネットワーク内の活動を分析し、既知の認可された行動の基準を確立したのちに、進行中の侵害やその可能性を匂わせる異常を突き止める、実績のある方法です。

Nuixの脅威ハンティングのアプローチは、デジタルフォレンジクスやインシデントレスポンスにおける何十年にもわたる経験から構築され、世界最大規模の非常によく知られたデータ侵害事件でも活用されています。Nuixはファイルのシグネチャーに注目するのではなく、ネットワークや個人のエンドポイントレベルでの行動を調べて、既知の攻撃の兆候を突き止めます。

お客様の会社のメリット

Nuixとそのパートナーに脅威ハンティングをご依頼いいただけば、お客様の組織は次のことができるようになります。

  • 検知されていないデータ侵害を発見し、迅速に徹底的に対処できます。
  • セキュリティ検出、対応、ログに存在するギャップを特定して、将来脅威を見つけ出すための能力を向上させます。
  • 顧客や投資家、規制機関その他の関係者に、組織がコンプライアンスのチェック基準をはるかに上回っていることを実証できます。